【レーシック手術】エキシマレーザーを使用するレーシック

レーシックというのは、角膜にエキシマレーザーと言われているレーザーを照射し、屈折率の矯正をして視力を回復していきます。
今ではテレビや雑誌でもレーシックが多く取り上げられ広く認知されてきています。 レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。
レーシックというのは、非常に精密手術と言え、術後すぐに視力回復を実感することが出来ます。
しかし実際に通常の生活を送るためには、作成したフラップがしっかりと癒着している必要があるのです。

 

レーシックではまず最初に角膜の表面をスライスしていき「フラップ」と言われている蓋状のものを作っていきます。
このフラップをめくった状態でエキシマレーザーを照射し、角膜を削っていき屈折率を矯正していきます。



【レーシック手術】エキシマレーザーを使用するレーシックブログ:2017/08/10

今日は、コーヒーを飲みながら、書いてます。

食べ物が豊富にある時代ですので、
「もったいない」の精神は大切なこととは思いますが、
シェイプアップに関しては、別問題じゃないでしょうか?

せっかくシェイプアップしているのに、
お子さんが食べ残したものなどが「もったいない」からと、
食べてしまっては意味がありません。

また、お子さんのおやつの時間に
ついつい一緒に食べてしまったりしていては、
1日の総カロリーは簡単にオーバーしてしまいますよ。

手持ちの服がきつくなってしまい、
新たに服を買い換えたりするのも
「もったいない」ですよね。

また、
シェイプアップのために高額なシェイプアップ商品を購入したり、
エステサロンに通ったり、ジムへ通ったりすると
どんどんお金がかかることになります。
これも「もったいない」話ですよね。

太って体重が重たくなると、
歩くのが面倒になりがちです。

そうするとだんだんと足が弱り、
歩くことができなくなり、更には通院にタクシーを利用したりで
お金もどんどんかかることになり…
悪循環に陥ってしまいますよね。

子供のために料理をたくさん作って
食卓をにぎやかにしようと思っている方も多いと思いますが…

たくさんの料理を全部残さず食べることは、
決してシェイプアップに良いわけではありませんし、
体にとっても負担になるばかりです!

生活習慣病や糖尿病などになってしまっては大変です。
多額の医療費もかかりますしね。

子供が満足できる量をつくれば、
なにも余るほど作ることはないと思います。

「もったいない」からと食べ過ぎて
シェイプアップに失敗するほうが、よっぽど
「もったいない」ことですよ!

応援クリックしてね・・・プチ