【レーシック手術】エキシマレーザーを使用するレーシック

【レーシック手術】エキシマレーザーを使用するレーシック


【レーシック手術】エキシマレーザーを使用するレーシック
レーシックというのは、角膜にエキシマレーザーと言われているレーザーを照射し、屈折率の矯正をして視力を回復していきます。
今ではテレビや雑誌でもレーシックが多く取り上げられ広く認知されてきています。 レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。
レーシックというのは、非常に精密手術と言え、術後すぐに視力回復を実感することが出来ます。
しかし実際に通常の生活を送るためには、作成したフラップがしっかりと癒着している必要があるのです。

レーシックではまず最初に角膜の表面をスライスしていき「フラップ」と言われている蓋状のものを作っていきます。
このフラップをめくった状態でエキシマレーザーを照射し、角膜を削っていき屈折率を矯正していきます。




【レーシック手術】エキシマレーザーを使用するレーシックブログ:2017/06/25

減量中に体重を測ると、時々、
体重は減っているのに、体脂肪率が増えている
なんてことがありますよね。

なぜ、こんなことが起こるかというと…

それは、
体の水分が電気を通して、
その通る電気の割合で体脂肪が計算されているからなんです。

体の水分の分布は
時間帯によって変化します。

寝ている時、体内の水分は体の中心部に集まります。
逆に活動中は、体の先端の方に多く分布します。

つまり、7時起きてすぐは、
水分がまだ中心部にある状態ですから、
体脂肪計の電流が通る脚や手には
水分が少ないということになります。

そのときに体脂肪率を測れば、
必然的に体脂肪率は、高めに計測されてしまいます。

立ち仕事が多かった日などは、
重力によって、水分が脚の方にたまりやすくなっていますから
上に乗って脚に電流を流すタイプの体脂肪計だと、
体脂肪率が低く計測される場合もあります。

体の水分量や分布が一番安定しているのは、
20時の入浴から2時間後ぐらいの寝る前だといわれています。

大事なのは、毎日できるだけ同じ時間帯、同じ条件で測ることです。
毎日、同じ体脂肪計で、同じ時間帯に、
できれば同じ条件で測ることができれば、
数値の正確な増減を知ることができます。

逆に測る時間帯もまちまち、
一週間位前は入浴前に測ったけど、今日は入浴後だったり、
測る条件も違ったりすると、その数値はあまり参考にはなりません。

入浴だけではなく、体操の前後なのか、食事の前後なのか、
揃えたい条件はたくさんあります。

なお、上に乗るタイプの体脂肪計の場合は、
両脚のひざやももがくっつかないように立ちましょう。

くっついていると電流の流れ方が変わって、
正確な数値が測れませんよ。

【レーシック手術】エキシマレーザーを使用するレーシック

【レーシック手術】エキシマレーザーを使用するレーシック

★メニュー

【レーシック手術】目の病気や疾患を持っている人
【レーシック手術】クリニックの環境でレーシックの失敗例
【レーシック手術】レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
【レーシック手術】妊娠中や授乳時期のレーシック
【レーシック手術】ドライアイでもレーシックを受けられる
【レーシック手術】角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
【レーシック手術】最も適した治療方法をまずは探す
【レーシック手術】レーシックの種類によって適正が異なる
【レーシック手術】治療費用でクリニックを比較しよう
【レーシック手術】エキシマレーザーを使用するレーシック


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)信用が第一となるレーシック手術