【レーシック手術】妊娠中や授乳時期のレーシック

レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし、基本的にどのクリニックに行ったとしても、妊娠中や出産直後の方のレーシック手術は断られてしまうことがあります。 近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。
妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に落ち着いてからレーシックの手術を受けるようにしましょう。

 

レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
なのでどんなにレーシックが可能と言いましても、妊娠中には避けるべきだと言えます。



【レーシック手術】妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:2017/07/17

足やせと聞くと、
一般的なダイエット法のように、
運動によってカロリー消費をしようと考える方は
少なくないみたいですね。

でもね、体の他の部分とは違い、
足を細くするのに、
そのような運動はあまり効率的とはいえないんですよね。

よくあるカロリー制限なども同じです。
足は、激しい運動や普通のご飯制限などでは
脂肪燃焼が難しいのです。

足やせに効果的なのは、マッサージやストレッチです。
足を細くするには、血行促進が最適です。
そして、上手に筋肉をつける事も重要!

それには、
足のリフトアップを中心としたストレッチがお勧めです!
仰向けに寝転がって足を上げ下ろしするといいでしょう。
この時、呼吸を止めないことも大切です。

これに加えて、
足全体、大腿部の内側、外側、全体などに
効くストレッチもしていけば、効果は抜群になるでしょう。

これを2回〜3回、
一日15分程度をワンセットに実践してみてください。

お風呂でのマッサージも毎日していきましょう。
ストレッチは、お風呂でのマッサージの後の
体が温まっている時にすると、効果が一層期待できますよ!

もちろん個人差はありますが、これらを数ヶ月続ければ、
大半の方は足が細くなるのを実感できるのではないでしょうか。

このようなダイエット法は、
エステなどと違って即効性は期待できません。
それでも信じて続けていく強さが必要になります。

しかし、お金は一切かかりませんので、
向いていると感じる方は、
是非足やせストレッチにトライしてみてくださいね。